東京都豊島区の解体工事 口コミ・評判


今回は、東京都豊島区で家やビルなどの解体を検討されているあなたに、おすすめの解体事業者を紹介します!

東京都豊島区の解体工事に利用できる助成金の情報も紹介していますので、この記事を読んだ上でご利用可能か検討くださいね!

東京都豊島区のおすすめ解体業者

東京都豊島区のおすすめの解体業者を3社ご紹介します。

株式会社東京渥美組


株式会社東京渥美組は、解体工事に限らず、土木・建築・鉄筋。塗装など、さまざまな工事を請け負っています。全国4,000人の職人を有する渥美グループの東京法人です。

基本情報
会社名 株式会社東京渥美組
連絡先

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-30-1
03-5960-0800

ホームページ 総合建設業 (株)東京渥美組 ホームページ

※最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

株式会社ケイ・マックス


株式会社ケイ・マックスは、荷揚げや施工補助、躯体工事などをおこなっている建設会社です。解体業に関しては、リノベーションにともなう内装解体、スケルトン工事を専門としています。

商業施設やオフィスビル、宿泊施設やレジャー施設などで実績があり、夜間や土日祝日作業にも対応。高性能の小型機械や特殊工法を導入し、作業の効率化とコストパフォーマンスの向上に努めています。

基本情報
会社名 株式会社ケイ・マックス
連絡先

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-17-8 本城ビル1F

主な解体工事

内装解体、スケルトン工事など

ホームページ 荷揚げ、内装解体、建築サポート、躯体工事のケイ・マックス

※最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

株式会社ミナト総合建設


株式会社ミナト総合建設は、「不動産」「リフォーム」「エクステリア」「解体」の4つの事業を手掛けています。解体事業では、自社で雇用している職人により、ていねいな仕事を実現しています。また、総合建設業をおこなっているからこそ、解体後のエクステリア工事やリフォームなど、総合的な相談に乗ってくれることも大きなメリットです。

基本情報
会社名 株式会社ミナト総合建設
連絡先

〒121-0061 東京都足立区花畑6-35-10
03-5242-1616

主な解体工事

建物解体(木造、S造、RC造、SRC造)、外構工事、リフォーム、不用品回収など

ホームページ 株式会社 ミナト総合建設

※最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

「一切揉めることなくスムーズに解体が進んでいた」

「古い空き家の戸建を購入して、解体後に不動産会社に転売することになったのですが、年度末の繁忙期でなかなか解体業者の発注が出来なかった。ただし、解体して売却までに猶予が一ヶ月半しかなかったので、不動産仲介業者に無理を言ってこの解体業者を紹介してもらった。繁忙期にすぐに解体着手出来ることに、一抹の不安があったが、最初の打合せから懇切丁寧に説明してくれて、見積もり出しも早かった。見積もり金額の妥当性もあり、安心感が増した。実際に解体工事に入ってからも、近所の方への配慮や対応が丁寧で、一切揉めることなくスムーズに解体が進んでいた。こちらの期限のリミットもあったので、職人さんの人数を増やして、しっかりと約束の期限で完了させてくれた。」
(30代男性・古戸建の解体・2018年2月)

東京都豊島区の解体体験談

その他の解体業者を利用した方の声を紹介します。

古い家具の処分で区が進める処分業者を当たりました。

古い衣装入れが蔵のように重くてそのまま解体することができないので、引き取ってもらえるように業者を探したのですが、結果ゴミとした行政が定める許可を得た業者に持って行くしかないと言われました。無料で引き取って廃棄してもらうと違法行為となってしまうそうです。結局、衣装入れは行政が定めた許可をもつ業者に処分を依頼しました。こうした家具などを処分する業者は区の方でも把握しており、また区の方でも業者は紹介してもらえます。結構面倒なので、解体工事の業者に一言でなんとか処分してもらえないか?と訴えることができたら、簡単に済みますが、それでは違法行為となるようです。大手企業ほどそうした行為は受けてくれないようです。
(女性・40代・駐車場・2010年5月)

リスクが高い環境なので、依頼した環境の解体工事の実績がある会社を比較検討した。

料金も大切ですが、安全面も考慮しなければなりません。東京都豊島区での解体工事では、隣との境界線が曖昧であることや、老朽化された3階建の建築物が隣にあると、密接だからという理由から他人さまの所有物まで破壊してしまうというリスクがありました。見積もり業者には、依頼する家や周辺環境と同じような条件での仕事の業績が多い企業を選ぼうと考えていました。最大何社までの見積が可能になるというネット上でのサービスも利用するか検討しましたが、やはりそれはやめておきました。利用する時には業者名がわからないという方法で、よく業者とのトラブルが思いがけないところにあるからです。結局のところ、条件が同じ物件で解体工事の実績がある企業を選んで依頼しました。
(女性・40代・再建築・2010年5月)

公道が狭く、重機の手配がいい会社を選んだ。

東京都豊島区の古家は、ブロック塀や門扉で隣家との境界線を区別しているという家が少なくて、入り混ざっており複雑な住宅が多いです。二社に見積もりを依頼したところ、重機の手配がいい大手に依頼したんです。公道、里道というよりもはるかに狭い通路に重機を入れて解体していました。しかも、重機を使いながらも手作業のように、部分的に壊して行かなければならないのですから、周辺環境に配慮して雨天に結構してもらいました。古い家具類は全て骨董屋さんに引き取ってもらいましたので空き家の中はからっぽで廃材の処分は時間を要さずに、簡単に終えていました。家具などは、昔のものは耐久性が強いので解体工事の時までに処分をしておいたほうがいいと聞いていました。
(女性・40代・駐車場・2014年5月)

東京都豊島区では建て替えや解体工事に助成金が出ます

安全なまちづくりのために、解体工事に補助金や助成金を出す自治体も多くあります。では、東京都豊島区では、行政の補助はあるのでしょうか。

東京都豊島区は、木造住宅の密集するエリアを「不燃化特区」として定め、建て替えや解体工事に助成金を出しています。

該当するのは、以下の5地区。こちらに含まれる場合、老朽化した建築物の解体や建て替えに助成金がもらえ、固定資産税・都市計画税の優遇措置を受けられる場合があります。

  • 東池袋四・五丁目地区
  • 池袋本町・上池袋地区
  • 補助26・172号線沿道(長崎・南長崎・千早地区)
  • 補助81号線沿道(巣鴨・駒込地区)
  • 雑司が谷・南池袋地区

詳しくは、豊島区ホームページを参照ください。
不燃化特区における特別な支援|豊島区公式ホームページ

おわりに

本記事では、東京都豊島区で解体工事をおこなう際のおすすめ企業を紹介しました。今後建物や内装の解体を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


関連する記事