東京都北区の解体工事 口コミ・評判


今回は、東京都北区で家やビルなどの解体を検討されているあなたに、おすすめの解体事業者を紹介します!

東京都北区の解体工事に利用できる助成金の情報も紹介していますので、この記事を読んだ上でご利用可能か検討くださいね!

東京都北区のおすすめ解体業者

東京都北区のおすすめの解体業者を3社ご紹介します。

株式会社高山工業


株式会社高山工業は、1935年創業の、老舗中の老舗です。創業から建築物解体とはつり工事の専門業者として事業を営んできました。池袋三越やホテルオークラ、東京証券取引所や羽田国際線ターミナルなど、名だたるプロジェクトに関わってきた企業です。

安全管理を徹底しており、安全衛生管理計画をホームページで公開するなど、透明性にも配慮しています。

株式会社高山工業 [関東一円の解体工事、はつり工事の請負、土木工事、とび、鳶]

基本情報
会社名 株式会社高山工業
連絡先

〒115-0045 東京都北区赤羽2-46-8-101
03-3902-0211

主な解体工事

構造物解体工事、アスベスト除去、根切り工事、はつり工事など

ホームページ 株式会社髙山工業 [関東一円の解体工事、はつり工事の請負、土木工事、とび、鳶]

※最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

定山鋼材株式会社


定山鋼材株式会社は、東京都北区に本社を構える解体専門業者です。「社業を通じ、豊かな人間性を養い、社会に貢献できる人・企業を目指す」という企業理念を掲げており、顧客や社会からの信頼を重視しています。犬小屋のような小さな建築物から、ビルのような大規模建造物まで、どんな大きさの建物でも解体工事を依頼することが可能です。

基本情報
会社名 定山鋼材株式会社
連絡先

〒114-0002  東京都北区王子1-28-10
03-5390-0522

主な解体工事

建築物解体、機械・構造物解体、はつり工事など

ホームページ 定山鋼材株式会社

※最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

ソーア青木株式会社


ソーア青木株式会社は、創業69年の経験豊富な解体専門業者です。「解体現場は人が主役」というモットーのもと、歴史に裏打ちされた高い技術とプロ意識で、着実に発展してきました。「犬小屋からデパートまで」のキャッチコピーにあるように、建築物の大きさに関わらず、多様な解体工事を依頼できます。

基本情報
会社名 ソーア青木株式会社
連絡先

〒114-0004 東京都北区堀船1-15-10
03-5390-0770

主な解体工事

建造物総合解体工事・はつり工事・アスベスト除去工事・杭抜工事など

ホームページ ソーア青木株式会社

※最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

東京都北区の解体体験談

その他の解体業者を利用した方の声を紹介します。

安全の工事してもらうために、何度か下見をしてもらいました。

古い建物だったので配水管がどこまで通っているか、わからない建物でした。設計図も残されておらず、何度か所有者が変わっているということもあり、増築されていたので余計にわからない状態でしたが、その旨を業者さんに告げておきました。現在ではありえないそうですが、建物の地盤がコンクリートではなく、土そのものであるということが判明しました。できれば設計図が残されていたら業者さんに見せるべきですが、当方のような設計図なんて残されていないという建物の場合では、下見をよくしてくれる業者さんを選びました。まず、何度か足を運んでくれる業者さん以外は外して行くようにしました。蛇口が屋外に三箇所、ある建物でしたから土の中に配水管が散乱して埋まっていました。
(女性・40代・再建築・2010年5月)

安全性を尊重して、あらゆるリスクを説明してくれる業者を選んだ。

防音や防塵(アスベストを含む)対策をはじめとして、あらゆる危険に対するリスクをマネジメントできる企業を選びました。防塵シートはもちろんですが、いざという時のために会社から保険に入っている企業を選びました。不幸なことに、解体依頼した建物の隣には外づけの階段がありました。その階段が邪魔で一部重機が利用できないことが判明したので、他人の所有物件である階段も取り壊しさせてもらい、新しく設置するという方向で話がまとまりました。そこまで対応できる企業は多くはないとm自分の経験から想像できますが、都心ではあらゆるリスクに備えた企業を選んだ方が安心できますし、坪単価が安い地区なら多少安全面に経費がかさんでもいいかという考えでした。
(女性・40代・再建築・2014年6月)

庭の植木が隣の境界へ入っていたので、業者さんが苦労していました。

私は当初、老朽化された建物の方が簡単に解体工事ができるものだろうと考えていました。しかしながら、老朽化された住宅の方が色々問題が起きてくるものでした。敷地に数本の植木が植わっていましたが、どうも裏庭の植木の根っこが隣の敷地にまで伸びている様子だということがわかりました。樹木を切り倒してしまっても、根がのこるので、根っこを抜根せねばならないと聞きました。しかしながら運が悪く隣人は空き家で居住者不在、と言っても隣人の家族や親族が管理しているので勝手なことはできないという状況で工事は進まない、こういう状況になってしまったことがありました。勝手に隣の家をいじると不法になるうえに、建物が沈下する原因にもつながるそうです。
(女性・40代・再建築・2014年6月)

東京都北区では解体工事に助成金が出ます

安全なまちづくりのために、解体工事に補助金や助成金を出す自治体も多くあります。では、東京都北区では、行政の補助はあるのでしょうか。

老朽家屋除却支援事業

北区は、災害に強いまちづくりを推進するため、倒壊の危険性が高い老朽家屋の解体工事を助成しています。工事費の1/2まで、上限は80万円となっています。契約前に相談が必要ですので、詳細は北区役所まで問い合わせください。

空家の除却支援事業(老朽家屋除却支援事業)|東京都北区

都市防災不燃化促進事業

震災およびそれにともなう火災発生時の被害を防ぐため、東京都では「不燃化特区」という制度をもうけています。不燃化特区では、老朽化し耐火工事のなされていない建築物の解体、建て替えに助成金が支給されます。

なお、東京都北区の不燃化特区は以下となっております。こちらのエリア内に解体したい建物がある方は、助成金が利用できるか検討してみるとよいでしょう。

  • 補助83号線南地区
  • 補助83号線北地区
  • 補助73号線沿道地区
  • 補助86号線志茂地区
  • 補助86号線赤羽西地区
  • 補助81号線沿道地区
  • 地区防災道路志茂地区

詳細は、以下のページをご覧ください。

都市防災不燃化促進事業(除却助成について)|東京都北区

ブロック塀等安全対策支援事業

家屋だけではなく、ブロック塀の除去にも助成金がもらえる場合があります。道路等に面するブロック塀の高さが1.0mを超える場合、その撤去に助成金が支給されます。

こちらも工事前に承認が決定されないと助成金がもらえないので、ブロック塀等の撤去の予定がある方はご検討ください。

ブロック塀等安全対策支援事業|東京都北区

おわりに

本記事では、東京都北区で解体工事を行う際のおすすめ企業を紹介しました。お問い合わせやお見積もり、ご相談は無料で行えることがほとんどです。複数社にコンタクトをとり、じっくり検討してみるのもよいでしょう。


関連する記事