東京都目黒区の解体工事 口コミ・評判


今回は、東京都目黒区で家やビルなどの解体を検討されているあなたに、おすすめの解体事業者を紹介します!

東京都目黒区の解体工事に利用できる助成金の情報も紹介していますので、この記事を読んだ上でご利用可能か検討くださいね!

東京都目黒区のおすすめ解体業者

東京都目黒区のおすすめの解体業者を2社ご紹介します。

解体リサイクルシステム協同組合


解体リサイクルシステム協同組合は、解体工事業者と産業廃棄物処理業者の協同組合です。解体リサイクルシステム協同組合が受けた解体工事を組合員に斡旋しています。

明治大学の研究や国土交通省の事業にも協力するなど、研究開発や社会貢献活動も行っています。

基本情報
会社名 解体リサイクルシステム協同組合
連絡先

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘2-18-16
03-3725-3407

主な解体工事

木造建物(一般住宅)、鉄骨建物(工場・倉庫)、RC建物(ビル)、内装解体、土間コンクリートの撤去、駐車場のアスファルト撤去、庭木・庭石等の撤去など

ホームページ 解体リサイクルシステム協同組合

※最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

大正鉄筋コンクリート株式会社


大正鉄筋コンクリート株式会社は、工場における煙突・サイロ・PCタンク築造に特化した建設会社です。「大正式クライミング足場」という独自の工法による煙突解体工事を得意としています。

基本情報
会社名 大正鉄筋コンクリート株式会社
連絡先

〒152-0002 東京都目黒区目黒本町2-7-14
03-3714-0381

主な解体工事

煙突解体など

ホームページ 大正鉄筋コンクリート株式会社(公式ホームページ)

※最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

東京都目黒区の解体体験談

その他の解体業者を利用した方の声を紹介します。

23区に指定されているため、業者は複数から見積もりを取れた。

事業目的であるために、挨拶文をポストにいれてもらいました。周辺住民は干渉してくる…。という民度ではないので、苦情を言ってくれるよりたちがわるい、密かに困っているというパターンになると困るからです。目黒区の坪単価は4万円前後と相場ですが、行儀のいいエリアなので気を使いました。すでに、特筆すべきところは、すでに開発を終えている住宅街が多く、面積が狭い解体でも防音、防塵、振動などの公害にならないようにはとくに気を使いました。行政への諸経費においては返金額5万円前後です。都内23区に入るので、解体工事業者のエリア内であることも多く、業者への見積もりの数は数社で依頼することができる点がメリットでした。
(女性・40代・再構築・2014年7月)

23区内なので複数の業者への見積もり依頼が可能でした。

東京都目黒区でのメリット、デメリットは都内23区に当たりますが、もともとは居住エリアとして住宅街に用いられているので、解体工事の動きを含めて、移住者や引越しという他人のことには関心が薄い傾向があります。また、23区なので業者を選んだり使える域が広いことも大きなメリットです。まとめると、都内で営業中の建築業者数社、複数社に見積もりを出してもらうことが可能であること、いざ利用するという前提で見積もり依頼ができる企業を選ぶことができることが大きいです。その上、木造の場合を例にしても一坪単価は23区内でも安い方です。行政への特別なてつずき、費用の加算は全国レベルですから高額というリスクもありませんでした。
(女性・40代・再建築・2014年4月)

エリアごとに応じた対応を取る企業を選ぶことが簡単にできます。

東京都目黒区は、わりと潔い行政で目黒区内でも地区、エリアごとで区別されています。用途地域というものですが、解体工事の場合でも地区の特性上の注意は依頼者側が話しておいた方がいいです。あるいは、てつずきや政治に慣れている地元の業者や、意識の高い業者を見つけるようにして依頼するなどのデリケートな対応が必要と感じました。相場は高すぎず低すぎず、住みやすいエリアなので高級住宅街もあり高所得と言われる芸能人のお宅もあるということになります。駅前周辺と住宅エリアはまた異なる様態です。都内で営業する企業ならまず、エリア外になることはありませんから見積もり依頼はかなりの数を見込めますし、依頼は複数社から選べます。
(女性・40代・再建築・2014年6月)

東京都目黒区では解体工事に助成金が出ます

安全なまちづくりのために、解体工事に補助金や助成金を出す自治体も多くあります。では、東京都目黒区では、行政の補助はあるのでしょうか。

東京都目黒区は、「都市防災不燃化促進事業」という防災のための事業を実施しています。この中に、以下の条件を満たす建築物の除去にかかる費用を一部助成しています。

  • 耐火建築物又は準耐火建築物以外の建築物
  • 昭和56年6月1日以前の耐震基準で建築された建築物

【参考】都市防災不燃化促進事業 目黒区

また、「木造住宅密集地域における建替え助成」制度もあります。「目黒本町五丁目」および「目黒本町六丁目・原町地区」の2地区となりますが、耐用年限の3分の2を経過している建築物であれば、解体や建て替えにかかる費用の内3分の2以内を助成してもらえます。この助成制度は木造住宅のみならず、鉄骨造や鉄筋コンクリート造であっても利用できますので、該当の地域にお住まいの方は利用を検討してみてくださいね。

【参考】木造住宅密集地域における建替え助成 目黒区

おわりに

本記事では、東京都目黒区で解体工事を行う際のおすすめ企業を紹介しました。今後の解体工事の参考になれば幸いです。


関連する記事